革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2021/07/07

3人掛け 本革ソファー 擦れ傷、ひび割れ修理 染め直し

みなさんこんにちは!

革研究所滋賀東近江店の桑原です。

今回は3人掛け本革ソファーの修理です!

こちらの画像で一番目につくのはやはり座面の色剝げ、ひび割れかと思います。

 

ソファーの中で一番劣化が進み擦れ、色剝げ、ひび割れなどが起こりやすいのは座面で人が座るところなので革も伸縮を繰り返し、汚れなども蓄積されどんなソファーでもこの部分が一番に劣化してきます。

 

今回修理ご依頼いただいたソファーは座面部分に一部深い傷がありましたがそのそのほかの色剝げやひび割れは画像で見る限りはひどく見えますが色が剥げてしまってひどく見えるだけで革自体はまだ軽度な擦れやひび割れなので張替えせずにそのまま修理することが可能です。

深い傷に関しましてはどうしても補修跡が残ってしまいます。これは傷だけでなくひび割れに関しても同じで劣化が進みひび割れが深くなるとどうしても補修跡が残ります。

深い傷やひび割れをパテ等で完全に埋めてしまうことも可能ですがソファーに使われている家具用の革は柔らかく質感のいい素材が使われていることもありそれにパテなどで完全に埋めてしまうとその部分の質感が変わって違和感が出たり座面などはある程度伸縮性も求められるのではじめは大丈夫ですが何年か使うと経年で革も伸びてきます。その際、埋めた部分が革の伸縮についてこれず補修部分が剥がれてくる恐れもありますので、当店で修理する場合はまず元の革の質感や風合いの変化を極力最小限に抑える修理方法でこうすることにより修理後もほとんど違和感なく自然な感じに仕上げることができ、劣化の激しい部分、深い傷部分は多少補修跡が残る場合はありますが剥がれなどの心配はなく安心して使っていただけます。

修理後の画像です。

画像の通り剝げて擦れ、ひび割れがあったところも補修、修理することでキレイな状態になりました。

こちらの画像も一目瞭然でキレイになっていますね。

しかし、先ほど説明した通り、深い傷のある部分は補修跡が残っているのがわかると思います。

この部分は劣化するとそのままにしておくとこの傷から間違いなく破れてくるのでこれ以上劣化が進まないよう革専用の特殊な溶剤で補修しています。

 

そのほかの剝げやひび割れ部分も同じく革の劣化が進まないよう丁寧に補修していきます。

この下地の補修を丁寧に施工することにより仕上がりも変わってくるので一番時間をかける作業となります。

今回目立って劣化が起こっている部分は座面部分ですが、背もたれ部分もよく見ると小傷や擦れなどもありましたのでこちらも一緒に下地処理しました。

 

この作業が終わると次は塗装するのですが、色は画像では黒に見えますが濃い目のグレーなので調色して色を作ります。

色合いは長く使っていると日光や使用条件によりほとんどの製品は変色退色しています。

これはソファーに限らず鞄、財布、ジャケットなどすべての革製品に当てはまる事で長く使ったいると同じ色のものはほぼありません。

ソファの場合、サイズが大きくて気にしないとあまり分からないかもしれないですがほとんど座面と背、左右の色合いが変わっています。

色はどこに合わせるかというと変色していない奥の部分に合わせます。

完全一致の色はできませんが、新品時に近い状態の色合いに復元できることが可能です。

 

今回は全面的に修理したので色合いも均一になりましたが、座面のみの修理の場合は背もたれ部分に色合いを合わせぼかしたりするので極力違和感なく仕上げることも可能です。

これは一点一点修理品に対して色を調色し作っているのでこの点は柔軟に対応できます。

 

 

ソファーの色剝げや劣化が気になられる方はお気軽にご相談くださいね。

革製品は劣化が進めば進むほど状態が悪くなり最悪の場合、破れ始めると連鎖してひび割れや傷に沿っていろんな場所が破れてしまいます。この状態になると今回のような修理方法はできなくなってしまいます。

逆に劣化状態が軽度であればあるほど補修跡もほぼ残らず新品時に近い状態に復元することも可能です。

 

また、革製品はクリーニングや保湿等定期的なメンテナンスをしてあげていると革の状態もいい状態が保てますので今までノーメンテナンスだった方も試しご自身でメンテナンスしてみてはいかがでしょうか?

メンテナンスすることでキレイな状態が続き非常に長く使っていただけるようになります。

 

ノーメンテナンスで使用状況が悪い場合、5年前後で破れてしまったというお客様もおられましたが、逆に定期的なメンテナンスをしておられているお客様は30年以上使っておられるお客様もいるので革製品はメンテナス次第で何十年も使える商品なのでやはりメンテナスは重要となると思います。

本革製のソファーは購入時非常に高額になる場合が多くまた新たに同等のものを買換えようと思っても物価も年々上がっていることもあり高額になるケースが多いと思います。

しかし、今回ご紹介した修理方法は分解作業等もしないので買い替えや張り替えより費用も安くお気に入りのソファーもまだまだ長く使っていただけるようになります。

 

メンテナス等やり方がわからない方はお気軽にご相談ください。メンテナスのやり方も教えさせていただきます。

 

 

お気に入りの革製品、傷、ひび割れ、破れなど状態で様々な修理方法やメンテナンス方法をご提案させていただきます。
また、革製品の修理は高そうだから諦めておられる方是非一度ご予算もお聞かせください。
ご予算内で出来る修理方法をご提案させていただきますのでお気軽にご相談ください!

 

布製ソファー、チェア、椅子、自動車シートのクリーニングも出来ます!

ポルトローナフラウ、カッシーナ、カリモク、アクタスなど高級ブランドソファー修理実績も豊富にありますので安心してお任せ下さい。

 

東近江市、彦根市、近江八幡市近郊など滋賀県内出張お見積り無料!
その他地域も無料でお見積りできる場合もありますのでお気軽にご相談くださいね。
お問い合わせは電話、メール、LINEからお願いします。
メール、LINEの場合、画像を送ってもらえればお手軽にお見積りができます。
ご来店時は必ずご予約が必要です(出張見積もり、納品等で外出している場合があります)

修理方法はお客様のご予算に合わせた修理方法をご提案します。

革製品の修理、染め直しは革研究所滋賀東近江店まで!

TEL:0749-20-7519
LINE ID:uzb6965q
MAIL:info-shiga-h@kawa-kenkyujyo.net
住所:滋賀県東近江市南菩提寺町690-1

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

滋賀東近江店の桑原です。
革製品でお困りの方お気軽にご相談ください!
思い入れのある革製品も修理、補修でキレイに蘇ります!

革研究所 滋賀東近江店

代表者 桑原 徳全
所在地 滋賀県東近江市南菩提寺町690-1
※ご来店は完全予約制の為事前に必ずご連絡下さい。
TEL 0749-20-7519

対応エリア
滋賀県全域

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP